地獄のぞきをのぞきこもう!

あーすくらぶプログラム

鋸山

 

申込締切
 
 
お申込み
 
プログラム日程

 

* 食物アレルギーなどで心配をお持ち方は、お気軽にご相談ください。
* キャンプ会員でない方もご参加いただけます  キャンプ会員について
* 天候等の自然環境の理由や、参加人数などにより、プログラム内容が変更になる場合があります

 地獄のぞきって知っていますか?
 千葉の名山 鋸山にある、断崖絶壁から突き出た場所が、地獄のぞきと呼ばれています。
 地獄のぞきの先端まで進むと、絶壁を越えて足元の下にはなにもないんです。
 !(◎_◎;)
ちょっと怖いけど、のぞけたらのぞいてみよう!
 地獄はのぞけなくとも大丈夫、周りを見渡せば房総の素晴らしい景色が眺められますよ。
地獄の反対だから天国の景色かなぁ〜?
 ところで、なんで鋸山にこんな地獄のぞきなんて場所があるのかというと、それは石工(いしく)さん達のあそび心から作られたんだと思います。
 鋸山は、江戸時代の終わりから昭和60年まで建物などに使う石として山から切り出されていました。その石は、房州石(金谷石)と呼ばれていて、横浜港周辺や、お台場、皇居などでも使われているそうです。
 毎日石の職人さんが石を切り出していて、崖の下をのぞける場所を作ったらおもしろいんじゃないかと考えて作っちゃったんじゃないでしょうか。

ここみてぇ〜

 
 鋸山には、山頂につながるロープウェーがありますが、なんとみんな足でたのしく歩いて登りますよ!
  鋸山の高さ(標高)は、329mと高くはないのですが、あなどってはいけません。たんに石を切り出した跡が残っているだけの山ではありません。
 周りに高い山がないので、山頂からは房総の山や森が見渡せますし、東京湾も一望できます。そして富士山も眺めることができるんですよ。
 それから、登る時も石切場だけでなく、景色の変化や、鳥の鳴き声などいろいろな変化をたのしみながら登れちゃいます。
 昔の石段なんかもあってアドベンチャー気分もあじわえるよ。(^O^)/
 また、山頂の日本寺には、日本一大きな大仏さま(奈良の大仏さまのおよそ1.7倍のおおきさ!)があったり、1500体以上の石仏があって自分にそっくりな石仏に必ず出会えると言われていたり、山頂についてからもたくさんたのしいことがありますよ!
 みんなでたのしく歩いて、いろんな体験をして秋の房総をたのしもう!

集合/解散場所

JR千葉駅

服装、持ち物について